FC2ブログ

プチケーキ作成 

雨の日。ネットスーパーのヨーカドーのお届けもくるし。

一日家で過ごさねばならないこんな日。

元気、元気!のまめ姫を飽きさせずにすごさなくては!!!。

そして、今日はコレ。先日、購入したシリコンのハート型
そうなんです。のんきなくまは、型に目がないのです。
DSC00556_20080929215527.jpg
思い起こせば、幼少の頃から、クッキーの型・ケーキの型・おにぎりの型など、
気になっていました。見るとついつい買ってしまう。
ネットでも、業務用の型とか見て、ステキー
と、時間を忘れて見ていることも。なんなんでしょうね。

そして、今回、しばらくぶりに、購入したのは初のシリコン型。
以前製菓材料の口コミで、これは、便利!使いやすい!とあったので、気になって
いたのだけれど。

*これは、いい!扱い易い!型から出しやすい!洗い易い!軽い!と高評価ですね。
もっと早く、購入していれば、よかったわぁ。

まめ姫と一緒に作ったのは、プチケーキ。レシピ検索してから。と思っていたのに、
まめ姫に「早くやりたーい!早く早く!」とせかされ、結局、ホットケーキミックス使用の
スコーンみたいなものになってしまいました。チョコとココアを適当に入れてみた。
まめ姫は、割りいれるはずのチョコをパクパクつまみぐい。
ちょっと、味見ー。とココアをぺろぺろ

出来はこんな感じ。
DSC00559.jpg おもて           DSC00560.jpg ウラ

型はなかなか、カワイイッス。味は、まあ、フツーでした。
次回は、もっと濃厚なチョコケーキみたいなものを作ってみたいわ。

まめ姫は、自分で作った。と大満足。

「パパに食べさせてあげよう。きっと、喜ぶよ」と
しきりに言ってました。

これだから、パパはまめ姫がかわいくってたまらない。って感じです。





ココ クリックしてみてねん ⇒ 
ポチッとお願いします。
スポンサーサイト



のぎちゃ 

3歳7か月のまめ姫。

わりと大人に囲まれてきたせいか?わりと生意気な口をきく。

この間は、散歩している最中、突然

「ごめんね。あたし、ママのこと、誤解してたわ・・・。」

と言われ、「・・・へっ?!。」

はて?何を誤解してたんだ?それより、どこぞで、そんな言葉を覚えた?

と、しばし、考えをめぐらせ、尋ねると。ドラえもんのセリフだった。

あー、驚いたちなみに誤解の意味はわかんないって。
テレビってすごいわぁ。(怖いわぁ。)

ふざけて、のんきなくまにキックしてきたりするときの掛け声は「はぁー。ぺんちっ。!いくよぉ!」

・・・まめ姫の大好きな「YES,プリキュア5gogo!」からの引用でした。汗;

 
 さてさて、まめ姫には、うまく言えない。というか、まちがってインプットされている言葉がある。
本当なら、正しい日本語!に正すのが親なんでしょうが・・・。

麦茶 ⇒  「のぎちゃ」

食べる⇒  「ぱべる」

カツ(とんかつ)⇒  「かちゅ」

「ママ、のぎちゃ、ちょうだい。」

とか、真剣に言ってるのがかわいいので

「はいはい。のぎちゃ飲むのね。」

とあえて、訂正せずに過ごしてしまっている今日この頃です。

幼稚園入園までには、直さなくちゃなぁ。

でも、まあもうすこし。楽しませてねkao02

ココ クリックしてみてねん ⇒ 
ポチッとお願いします。

そんなのあり? 

土曜日、一日盛りだくさんな日でした。

午前中、従兄弟の、Yちゃんの小学校の運動会の応援に行く。
リレーの選手で、一着で快走
まめ姫も、「がんばれーがんばれー。」と張り切って応援してました。

小学校からの帰りはバスに乗せたら喜ぶかしら。と思い、
バスで駅まで向かう。普段バスを利用することはないので、まめ姫、お喜びになる。
しかし、ぽこ太郎を抱っこしつつ、たたんだベビーカーも支えつつは、結構大変!
すいていたからよいけれど、混雑してたら、バスに乗るのはかなり困難と実感する。

駅に到着して、家に向かう最中、地域のお祭りが。
ちょうど、子供みこしが、道を横断するのに、出くわす。
そして、その中に、大好きなおともだちのMちゃんを発見したから大変!

「一緒に行きたい!」と泣いて、おさまらないので、じゃあ、顔見てバイバイしに行こう
と追いかけた。

おみこしの一行は、ちょうど休憩中。みんなに、ジュースがふるまわれる。

そして、飛び入りでくっついてきたまめ姫にも・・・。いいのかしら。


そして、帰ろうと促すのんきなくまの言葉などまーったく耳に入っていない様子。

⇒  な、なんと、神輿を引く列にちゃっかり混ざってるし。

そして、ゴールにたどり着くと、子供にお菓子の入った袋を配布していたのだけれど、

⇒  その菓子詰め合わせも、ちゃっかり、もらっているし。

そして極めつけは、最後にその地区の皆様で記念写真を撮っていたのだけれど、

⇒  なぜか、ちゃかり集合写真にも混ざっているし。

・・・・・まめ姫、お隣の地区なんですけど。

Mちゃんの爺ちゃんの一言。
「こんなにいたら、どこの子かわかんないんだから、平気。平気。」とありがたいお言葉

集合写真にまでおさまっていいのかしら。こんなのアリ?

やっと、おうちにたどり着いたけれど、カーディーラーに用があり、パパとともに出発。
到着寸前、眠りにおちたところを、呼び戻し、キッズスペースで遊ぶ・
まめ姫はかなり車やさんが好きである。

帰ってから、18時30ごろ、神社でやるお祭りに出かける。

お友達のM・Mちゃん一家も行っているので、まめ姫は大喜び。

お祭りの太鼓が鳴り響き、夜店の明かりがまめ姫の脳を刺激するのだろう。

変な興奮状態。

朝からの行動で疲れすぎ、半ば気力で、もっているような状態のため、

変にぐずぐず・しかも攻撃的で大変!でした。

でも、まめ姫にとっては、まさにお祭り!非日常!

充実した楽しい一日になったことでしょう。よかったね!

でも、一日のうち、こんなに行事がたてこんでいるのももったいない!

一日いっこづつに振り分けたいくらいでした。



ココ クリックしてみてねん ⇒ 
ポチッとお願いします。

プレ幼稚園 初登園! 

今日、まめ姫のプレ幼稚園、バスで初登園。まさに一大イベント!

前日から、準備。

持ち物にすべて名前記入。
(はいてゆく靴や、持参するパンツや靴下。弁当箱・フォークの一本にいたるまでkao05
これが結構大変。

お弁当なので、お弁当袋、コップ袋も用意。名前のアップリケをいれる。

何か、忘れものがあってはかわいそうなので、何回もチェック!

私が遠足に行くかのような、緊張感!はー。なんかドキドキですぅ


当日の朝、起きぬけに、「今日幼稚園行くの?バスに乗るの?やったぁー」と
喜んでいたけれど、ちゃんとバスに乗れるかな。まさか、泣いてぐずったりして?と
かすかに不安がよぎる。

10時15分にお迎えなので、時間はまだまだ。7時から起きている私たちには、長ーい!
お弁当はこんな感じ。
DSC00555.jpg
ミニハンバーグ・ブロッコリー・ポテト・タコカニウインナー・鮭のコロコロおにぎり


バスお迎え10分前には、お外に出て、待っていることに。
DSC00553.jpg  かばんが大きくみえますね

心配になって、近所に住む叔母(まめ姫からすると大叔母になるのかな)も、カメラ片手に
やってきて、見守ってくれています。
お義母さんは、仕事のため、バスに乗り込むところを見られない!
と残念がっていました。
のんきなくまも、初のバス登園をカメラに納めようと、首からカメラをぶら下げ・・・
先生たちも、驚いたかしら?それとも、みんなこういうのやっているのかな?

そして、バスが到着し、まめ姫は飛び上り、喜ぶ。
降りてきた先生に大きな声で「おはようございまーす。」というと、足取り軽やかに
バスに乗り込み、これまた大きな声で「いってきまーす」とな。
オイオイ、はじめてのバスじゃないみたいだよ。

「あー。行っちゃった。」しかも、あっさり。ま、予想してたけど。
お義母さんは、職場が家の傍なので、会社の建物の窓からずっと、見ていたそうな。
(仕事中だったけどハハハ)

さて、13時30分まで帰ってこないわ。銀行と、買い物に行かなくちゃ。と、出かけるも
どうなのかしら。楽しんでやってるかな。お友達と遊べてるかしら。
先生の言うこと聞けてるかしら。お弁当食べられたかな。何かあったら、連絡くるよねぇ。
と、身軽なお買いものを楽しむ余裕なく、いそいそと帰宅。心臓に悪いわぁ。

そして、降園時間。のんきなくま、10分前から待機。
そして、まめ姫、バスから笑顔で降りてきたっ。
あー、よかったぁ。
先生が今日一日の様子をお話してくれる。
初めてで、多少緊張もあったけれど、お友達と手をつないで遊んだり、楽しんで、
活動できていました。先生の話も聞けて、椅子にもちゃんとすわってられました。
お弁当は、ほとんど残さずに食べられました。ですって。

顔みて、やっと安心できました。
親よりも、ちび一人で、新参者として新しい環境に飛び込んでいくんだから、
緊張や、不安も多少あったでしょうに。えらいぞ。まめ姫。
思わず、「おつかれさまー」と言ってしまう私でした。

なんだか、疲れた(気疲れ)一日でした。次はもう少し余裕かな。

また、元気に幼稚園に行こうね


ココ クリックしてみてねん ⇒ 
ポチッとお願いします。

傷だらけのぽこ太郎 

最近のぽこ太郎 本日、生後111日目。

ずいぶん寝返りが上手になりました。
寝かせておいても、コロンコロンと、いつのまにか寝返っているし・・・
安全防止のため、寝返り防止マットを購入し、(体幹を二つの枕ではさんで固定するというもの)
試すが・・・効果なし。
マットのでこぼこをものともせず、寝返っているし。

すごい背筋力。まめ姫の時には、寝返りしても、なかなか顔が持ち上げられず、
うぇー、うぇ泣いていたのに。

ぽこ太郎は、違います。
ちょうど3か月を迎える日、寝返りできた翌日から、がしっと首をそらせ、4つんばいに。
前をみすえて、いざ、出陣!
snap_2020gonta_20089501520.jpg
てな具合に、手足ばたばた。前にすすもうとしております。
すっかり、うごけるものと勘違いしているみたい。
さすがに、そりゃ、無理よ。



数日前、のんきなくまが夕飯の支度中。

いつものように、コロンコロンと寝返りしているわ。と眼の端でチェックしていたのです。

しばらくすると「うぎゃー!うぎゃー。」と、珍しく、泣き叫ぶ声が!!!

みると、寝返りした勢いで、お昼寝布団からはみ出し、夏用の麻のようなラグまで顔が
はみだしていたっ!
そして、そこで、顔を持ち上げていることに力尽き、左右に顔をこすりつけてしまったらしい。

‘タワシのような固いラグで、ぽこ太郎のやわ肌を、
ごしごしこすってしまったらしいのでした。ショーックっつ!!!‘


そりゃ、泣くわ。(痛かったでしょうよ、びっくりしたのもあると思うけれど。)

現在、ぽこ太郎の、額や頬は、堅い爪でひっかいた傷が。
鼻は、ラグでこすって、かさぶた状態。
そして、頬は、ヨダレと、紫外線の影響か、バリバリに真っ赤になって荒れております。
snap_2020gonta_20089502559.jpg

早く、ベビちゃんらしい、すべすべお肌に戻らないかなぁ。
と、お肌のお手入れをしながら、祈るのでした。



ポチッとお願いします。

幼稚園選び 

ようやく、夏も終わり、幼稚園選びも終盤です。

このあたりには、わりと通学可能な幼稚園が多く、だからこそ、悩んでしまう。という現状

どこも、一長一短、求めるパーフェクトなところはなく、(検討してる中で)

人数的にはここ。ハード面はこちら。ソフト面はこちら。同じ小学校に上がる子が多いのはここ。

と、どこも、帯に短し。タスキに長し。

そうなると、選択するにあたり、何を最重要とするかってことになります。


<のんきなくまの考える幼稚園>

・適当な人数 多すぎても、少なすぎても。(先生がつかず、離れず見守る程度の人数がいいな。)
 集団生活を学ぶ場として、ほどほどの人数はほしいところ。

・からだを使って遊ばせてくれる。
 脳の発達は、体を使うことから!と思うので。全身運動万歳!

・自然を恐れないようにする。
 虫とか、土とか嫌がるようでは、地球人としてどうか。と思うので。

自然の中で、友達と体を使って遊びまわる。こどもは、頭を使って遊びを生み出すだろうし。
先生たちは、見守って、危険のないように、とか。必要時手を差し伸べてくれる。
そうした中で、いろんなことを学んでいけたらなぁ。

ってことぐらいでしょうか。

当初、のんきなくまの再就職と合わせ、4月から3年課程で勤務先近くにある
山の中の幼稚園に入園する予定だったけれど、結局、ぽこ太郎の妊娠で
すべては白紙に。
でも、今となっては、まめ姫の傾向や、こうしたら、長所を伸ばせるのでは?という
幼稚園像がおぼろげながらも徐々に見えてきました。
それはそれで、必要な期間だったんでしょうね。(悩んだ日々も無駄ではないか。)

去年はN幼稚園と山の中のN幼稚園の未就園クラスに通い、今年はS幼稚園とR幼稚園。

Sは、きれいに、きちんと。のイメージ。室内活動が外活動より、多いとのこと。
 自然を取り入れるというより、自然を整備している。完全給食で栄養バランスバッチリ!
 1クラスの人数は25・6人なので、お友達も増えるだろうし、そんな中でもまれるのもアリか。
 お作法や、英語、学習カードでのお勉強もするらしい。

Rは、昔懐かしい感じ。小規模、全体数で200人弱。とにかく外遊び重視。女の子が短パン一丁で
 木登りしてる姿に、少しひいた!まさに野生児。
 隣の市で、同じ小学校に上がる子がほとんどいない。先生は見守る感じ。
 制服があか抜けない。

両極にあるような、この幼稚園
ひとことでいうなら、都会と田舎って感じでしょうか。

そして、行ってみて、のんきなくまが惹かれたのはR幼稚園でした。


そして、問題が!
いつも、よく遊んでいるお友達。近所に遊べるような同じくらいの女の子がいない環境では、
まめ姫にとっては、とっても大事!そして大好き!
3人のうち1人だけ違う幼稚園に入れて離してしまうことに罪悪感・・・。

これって、親のエゴなんだろうか。まめ姫にとって、少しでも合う幼稚園を選びたい。
でも、まめ姫にとっては、そんなことより、今のお友達が最優先なのかしら。
でも、この狭い世界が全てではないし・・・また幼稚園に行けば新しくお友達もできるだろうし。
違う幼稚園でも、親が疎遠にならなければ、遊べるよね、きっと。と期待。
等々、いろいろ複雑な思いと葛藤しながら、家族会議。

そして、先週の金曜日、入園予定する未就園児が通う教室に体験見学に行ってきました。
これで、もし、まめ姫自身が気に入らなければ、そのときは無理じいしないで、本人のいう方に
しても。という決意をして臨みました。

結果は、OK!
まめ姫はえらく楽しかったようで、
「次は、ひとりでバスに乗って、幼稚園いくから。
ママは来なくて大丈夫だから!」

といわれてしまいました。そ、そうなの?そういわれると、ちとさみしいわ・・・

活動は、色水遊び。ペットボトルに赤・青・黄色・白の色水を作って用意してくれており、
それぞれバケツにいれてスタンバイOK!
そして、思い思いに、自分のカップに色水を混ぜて、出来上がった色をストック。
そして、ジュースをつくるのです。それをもとにこんどはジュース屋さんの始まりです。
お友達は、洋服も、絵の具がついたり、びしょ濡れになったりしてたけど、
そんなのきにしなーい!着替えストックしてあるんですもの。(保育園みたいね?!)
遊ぶときは、真剣に遊ぶ!ってことでしょうか。

何は、ともあれ、よかった、よかった。

 
今度の金曜日は、正規のクラスに入会し、はじめてひとりでバスに乗って出かける予定。

バスに乗って、一人で行けるのかしら。4月から入っているお友達になじめるかしら。

楽しいって思えるかしら???

なんか、親の方がドキドキしてしまうわ。

でも、ようやく、悩みに悩んだ幼稚園選びも、決着がついて、ほっとしております。


来年には、野生児。おさるのようなまめ姫に会えるかもしれませんね。ちとコワイ?!



ポチッとお願いします。

まめ姫語録 

 ある晴れた日の午後。

パパさんと近くのコンビニへ行ったまめ姫。

アイスを買ってきて、玄関の石段に腰をかけ食べ始めた。

そして、ひとこと。

「うーん。おそとでアイスたべるって、
なんてすばらしいのぉー。」


ドラマのセリフかいっ。



 うちの中で。

 めずらしく、遊んでいたおもちゃをすすんで片付けたまめ姫。

手で、額をぬぐいながら、(って、汗かいてないけど。)

「あー。やれやれ。」
そして、大きなため息。ですよ。

大笑い



出かける準備をしながら。

まめ姫に片付けを促す、のんきなくま。

「ママー、ママも一緒にかたづけてぇ。一人じゃ、ちょっとできないんだよね。」

「でかけないと間に合わないから、やってて。」

「だってぇ。だめなんですが。ママがそばにいてくれないと
安心できないんですが・・・。」


もう。こんなときばっかり。安心って。

おかたづけ要員を確保しようと思ってさ!



夜、お風呂で。

アンパンマンの小さい手つきコップ。おままごとに大活躍。

そして、先に湯船に入ったまめ姫。

洗い場にいる、のんきなくまにひとこと。

「そちゃですがぁ、どおぞぉ。」

とお湯をついで差し出しました。

どこで覚えたんでしょう。そんな言葉!

ビックリ!大笑いの巻きでした。


まめ姫の言動には、本当にいつも、笑わされております。

日々、こんな笑えるひとコマに出会えますが、ついつい忘れてしまうのよねぇ。

もったいない。

記録しとこ

あー!おかしい!楽しい!大好き!



ポチッとお願いします。

お墓まいり 

土曜日、台風一過。すがすがしーーい?と思いきや、暑かったですね。

のんきなくまと、まめ姫、ぽこ太郎は、義姉のMちゃんと中学生になるEちゃんの5人で
父上のお墓参りに行きました。まめ姫はEちゃんが大好きなのです。
一緒にかまって遊んでくれるから、来るとべったり!

この二人、年の差11歳の従兄弟同士だけど、ずいぶん大きさがチガーウ
手をつないで歩くこの二人を後ろからほほえましく、見ておりました。

お墓は山の斜面にあるので、上に車を停めてから下まで歩いていきます。

高齢の方や、体が不自由な方は杖や車いすで、お参りしていて大変だなぁ。と
以前眺めていたのですが、そうした要望もあったのでしょうか。
リフトが建設・稼働しておりました。

すいていたし、ちょいと、試乗。定員二人のためEちゃんと、リフトに乗りこみ、出発!

そして、その速度の遅いこと!のんきに流れるメロディーとともにゆるり、ゆるりと
降りていきます。
隣にある階段をおりるほうが、早いんですけど・・・

でもまめ姫は
「ゆうえんちみたいで、たのしかったねぇ。」とご満悦。
オイオイ、霊園なんですけど。
ちょっと、ビミョー!と乗るのをためらっていたEちゃんも意外におもしろかったって。(笑)
乗ってる二人を眺めているのが一番おもしろかったけどね

お墓をおそうじ。お水がたりなくなると、
「ワタシ、とってくる!」と走り出すまめ姫。

あわてて、追っかけてみてみると、水場であらいものをしていた見知らぬおじさんに
お水を入れてもらい、(プッシュ式の蛇口で、まめ姫の力では水が出てこない)
えっちらおっちら、抱えて運びます。

そして、なぜか「おみず!おみず!おみず!との掛け声つき。

まさに初めてのおつかい、短距離編!って感じでした。

チビってなんで、繰り返してしゃべりながら行くんでしょうね。真剣だからかな。


一所懸命運んで、おかげで、ズボンはびしょびしょ。

ま、そのうち、濡れないで運べるようになるかな。

そんな、お墓参りのヒトコマでした。

のんきなくまの、お騒がせな話 

先日、学生時代の友人から、ぽこ太郎誕生によせてお祝いのお品をいただきました。

みなで集まったときに、手土産として持っていった子供のお洋服。

しかも、近所のライトオンでバーゲンだったの。SORRY

それぞれお子がいるので、遅ればせながらのお祝いと受け取られたのかしら・・・と

ずっと、気になって、恐縮!です。って感じ。

そして、そうだ!絵本でも贈りましょう

Amazonで、購入すれば、スピーディー
本当は本屋さんで新しい本チェックして贈りたいけど、

まめ姫連れてはなかなか、ゆっくり検討もできないだろうしなぁ。と

のんきなくまの所蔵のものから、まめ姫がくいついて、読み聞かせヘビロテ絵本をセレクトすることに。




もともと、絵本は大好きで、いいなぁ。というものがあれば、結構購入していたのです。

自分が幼かった時に読んだ絵本、や本、処分してしまったものもかなりあるけれど、
(昔は、古本屋では児童書は扱ってなくて、泣く泣くゴミに出した悲しい思い出が、、、)

それでも、数冊は母がとっておいてくれました。

今でも、同じものを見かけると、なつかしいー!とついつい買ってしまうのんきなくま。

そうそう、思い出したのは、8×8cm四方くらいの薄い小さな絵本。
絵が欧風で味があり、電車でおでかけするときには、
まず、有隣堂でこの絵本を買ってもらい、出発するのです。
あー、なつかしい。この当時1冊100円足らずのこの絵本。
以前オークションで検索したらセットで2万円弱。
うーん。幼きころのノスタルジーに浸るための額にしてはちと、手が出ないわね。



話を戻すと、

アマゾンで、絵本を注文。2冊一度にギフト包装にならない、ってことで、
ギフト包装はせず、注文。

自宅に配送は注文したことあるけれど、ほかの宛先に送付するのは初めて。

コンビニで支払を済ませ、終了!


そして、数日経過。あれ、届いたのかな。配送状況を確認しようと、PCあけると
一通のメールが!

Mちゃん宅に届いたが、差出人不明の
恐怖!届けられた謎の小包状態!
受け取ったMちゃんが不審に思いアマゾンに問い合わせをしたものの、送り主の情報は
こちらから伝えられないので、直接、早急に連絡してあげてください。とのことでした。

真夜中に判明したので、翌朝、それは私です!とメールを送ると、

やはり、謎で、悶々とミステリアスな夜を過ごしたそうな。

ごめんなさいねー。おまぬけなワタシで。


でも、想像してしまった!

もし、自分に、差出人不明で、ある日、何の前触れもなく本が届いたら・・・

「誰?何?この本は何かの意味が?暗号か?」
恐怖ーーー。って思うかも。

みなさま、お騒がせいたしました。

でも、謎がとけたところで、ぜひぜひ読み聞かせてあげてくださいね。

絵本を読むときは、9割は子供の表情を!あとの1割で絵本を見て!
だそうです。

にん。




やっと、戻ってきました。 

やっと、戻ってきました。何って、待ちに待ったPC。

購入して一ヶ月足らずで、ハードディスクに故障が見つかり、9月6日に修理へ。

1週間から最長10日で戻ってくるはずだったのに、12日過ぎても音沙汰なし。

しびれを切らして、カスタマーセンターに電話を入れたのが昨日。

すると、8月末から修理が立て込んでおり、3週間から1ヶ月くらい要するのが現状。とな。

聞いてないよぉー!!!!

「詳しいことは、工場でないとわからない。それも膨大な数なので、すぐに見つけることは難しい。
しばらくお時間いただきたいのですが・・・・・」

なんか、対応した人がいまひとつ要領を得ず、ますます、カッカしてしまい。

「工場に確認して、確実にいつ手元に戻ってくるか調べて、再度電話くださいっ!!!」

と言ってしまい、少しあせった様子の電話口。

再度の電話で、「確認したところ、今日明日中に発送し、お手元に届く予定でございます。」

って。

携帯で、状況説明していただんなさんからも、電話がいってしまい、コワイ家族と思ったかもね。

でも、電話1本で、翌日に戻ってくるんだから、アピールしたもの勝ちって話かい???

まあ。なんにせよ。この2週間、遅いPCと向き合い、ストレス感じていたので、本当に

うれしいです。


この2週間、ネットスーパーで買い物すれば、塩を2つのところ、3つ頼んでしまうし。

ツナ缶は、5コパックのを1注文したつもりが、2つカートに入れていたらしく、合計10コ

届いちゃうし。大変だったのです。

ま、慌てていて、最終確認を怠っていたのが敗因ですけれど。

おほほほほ

珍客 第3弾!!! 

月曜日の夕方、勝手口のドアに、怪しい影。

「なにこれ。」

ドアの網戸部分に何か、小さいかたまり。8~10cmくらいの影。

鳥!?すずめ? なんじゃこりゃ。怪しい小動物の雰囲気・・・・

追い払おう!と、中からドアをドンドンと叩くも、動かず。

どうして、どうして動かないの?

網戸を上げ下げしたときに、足でもはさみこんでしまったのか???と焦る。


外にいた、だんなさんに、「ちょっと、ほうきで払ってくれない?」と頼むも、

「オレ、やだよ、そういうの嫌いなんだ。」

「だって、なんか怪しいものの退治って、男の仕事じゃないのッ?!」

「そんなのやるのは男の仕事って、誰が決めたの?足がいっぱいのやつとかだめなんだよ。」と

頼りにならず。

仕方ない・・・

薄暗い中、ソーット近づくと、いたいた!ひょぇー!ぶらさがってるし!!!

どうやら、今回の珍客は

snap_2020gonta_200894112611.jpg

こうもり!!!
のようでした。
よく、こうもりは、ヒラヒラ飛んでいるってゆうけれど、ちゃんとご対面したのは
小学校以来だよ。コワーッツ

長い柄のほうきで、はたこうと近づいていったとき、

逆サイドから、ニューっとほうきが!そして、ガサガサガサッツ

お義母さんが、怖いので見ないようにしながらほうきで払い落としてくれました。

キィーーーッツ

と泣き声とともに茶色い小動物は、地面に落ちましたが、それ以上見ることはできず、出かけてしまいました。

戻ってくると、怪しい小動物の姿はなく、安堵しました。


こういうとき、意外にも、男の人は使えないわ!(うちだけかしら?)

以前、大きなクモが出たときも、ゴキブリに遭遇したときも、ワタシが退治。

こうして、女はますます強くなるってことですか。

ちゃんちゃん。

皆さんのお家では、○○退治は誰の役目なんでしょうか?

知りたいです。




へぇー。そうなんだ。 

「ホットケーキ作り」が良好な親子関係に効果的 ~“脳トレ”川島教授が研究成果発表
9月9日16時36分配信 オリコン

同研究によると親子で料理をする事で、子供の“前頭前野(ぜんとうぜんや)”が刺激され、活性化するほか、親子のコミュニケーションが促進されることで、不安軽減や非行的行動の軽減につながったという。

 “前頭前野”は記憶や学習力のほか、集中力、感情・行動の抑制など、高度な精神活動を司る部位。子供の発育には特に重要で、「自発性、豊かな知識に基づく豊かな想像力、コミュニケーション力や我慢する力など、“子供の生きる力”をもたらす」(川島教授)とされる。
 
 ポイントは“一緒に作業をして子供を褒める”点にあるといい、褒められることで子供の前頭前野はさらに刺激されるという。川島教授は「褒めるタイミングは難しいが、一緒に料理をすることで見逃す事が少なくなる。難しすぎず、簡単すぎず、子供が好きなおやつであるホットケーキは、前頭前野の活性化にも親子のコミュニケーションにも最適だった」と、同研究の成果を実感していた


ちょっと前にみかけた記事。(リンクのはり方、わからなくて、コピーしちゃった。いいのかな?)

みなさん、知ってました?

興味がある方は、検索してみてくださいな。



だんなさんが、「いままでこのこと知ってて、まめ姫とホットケーキつくってたの?」と。


そんなん・・・知らなかったよ。


ただ、できることを少しづつ増やしていけたら、自信になるんじゃないか。とか、

一緒に何かつくるのって、たのしーじゃあーりませんか。という気持ちでやってたのさ。

でも、こういう効果が得られると証明されると、

のんきなくまのカン頼りの育児も、あながち、間違いないじゃんか!と自信フツフツ。ふっ。

(まあ、これも、クッキーやら、ドーナツやら、自分が小さいうちに、やってたような記憶から・・・ですが。)

早くステップアップして、もっと、いろいろなものをつくれるようになりたいな。

ま、この研究、森永製菓(ホットケーキミックスの最大手ではないか!?)との協同研究ってのが、

ちと、宣伝効果を狙って・・・という気がしなくもないが。


何事も、一緒にやって、適宜ほめることが大事。ってことね。

みなさんも、今日みたいな雨の日、ホットケーキをつくってみてはいかがでしょうか?



母乳育児 

ぽこ太郎、最近、おっぱいを、ガンガン飲んでおります。

ほんと、飲みっぷりがいい。

ごきゅ。ごきゅ。と、まだまだいくぜぇ。という感じ。

数日前、体重測ったら、6.8キロ。(でも、成長曲線を見ると、本当に真ん中に位置してる。)

順調に体重増加しております。

ほんと、大きくなったねぇ。重くなったし。筋肉ついてきたのか、体が硬いよ。

これが、母乳だけでこうなるんだから、ほんとすごいわ。

完全栄養食とはよくいったものだ。

 
 そして、それに伴い、のんきなくまの体重は、妊娠前に戻り、さらに減少傾向へ。

やったー。とウレシイ半面・・・ちとやばい。

夜中の授乳が、なんだかキツイ。壁によりかからないと、体勢保持が困難・・・。

前はなかった、「もう早く飲み終わっておくれー。」という思い。

そして、授乳を終えると倒れこみ、すぐに眠りへ。

なーんか、調子でないなぁ。ふらふらするし。

妊娠中も貧血が進み、最高Hb 8.6mg/dl.になったっけ。ちょっとそんな感じ。

そして、近所のクリニックへ。

採血の結果は外注にだすんで週明けに。といわれ、結果は、10.3でした。

そして、鉄剤・ビタミン剤処方。やっぱりね。

食べてるつもりでも、おっぱい飲む勢いのが勝ってたのか・・・。

2人前以上食べないといけないわ。

まさに、

「我が身を削って、子を育てる!」をそのままいってまあす。

母親は大変だ。

そして、今日もしっかり食べるのであります。



子は親をうつす鏡 

こどもって、親をうつす鏡・・・とはよくいったものだ。

特に、自分で気づかないうちに無意識の行動や口ぶり。

そっくり、コピーされてるじゃんかぁ!とオドロキ、そして、大笑い!ですよ。

先日も、お昼前に、かっぱえびせんを食べたい!とぐずる、まめ姫。

「だめよ。ごはん、食べてから、食べて。」というと、

ちょっと、顔を曇らせ、
snap_2020gonta_20089022124.jpg
「そんなこというと、本当に、しんけんに、泣くよっ!!!」だって。

これって、いつも、なかなか片付けをしないまめ姫に、
「片づけしないと、本当に怒るよっ。」というワタシの口真似。

このときは、笑ってふきだしてしまいました。

結局、かっぱえびせんと、お昼は同時に食べることにあいなりました。

甘い?かな?

ぽこ太郎 祝100日! 

先日、コテン!と寝返りしたぽこ太郎。

それから、毎日毎日、コテン、コテンと寝返りを繰り返しております。

そして、自力で、また仰向けに戻るコツをつかんだようです。

そして、今日、生後100日目にして、しっかりした寝返り完成!腕も抜けた!

すごーい!と思わず拍手!


2ヶ月で首はすわり、早くも縦抱っこ。

3ヶ月で寝返り。

今後のハイハイや歩き出しも早いのかしら。

楽しみのような、恐ろしいような・・・


一応お祝いなので、ぽこ太郎のために、お祝い膳を用意。

(といっても、ぽこ太郎が食べれるわけでなく、カタチなので。)

お赤飯(炊飯器で炊いた)
あさりの汁 (はまぐりがなかった)
鯛の尾頭付き 塩焼き(事前にお魚やさんに頼んでいなかったので、お家でグリル。
しかし、大きくて、魚焼きグリルからはみ出し、これが、えらい大変でした。)
かぼちゃの煮物(煮しめ?とも思ったけれど、煮物であればなんでもよいそうなので。)
小石を準備

写真に収めるに、メインは鯛の塩焼きでしょう。
と、これだけは、天然真鯛を奮発!
なんて、お店に行ったら、もう、これしか選択肢がなかったのです。ハハハ

PCが修理から戻ってきてから、写真をアップしますね。

最近、2・3日前から、大人たちの食事中に、やたら、うぎゃうぎゃうわぁぁん
「オレ、なんか、たべたいんだけど。」というアピールのような???
で、初めて、母乳・ミルク以外のものを与えてみました。
粉末のもも果汁です。お湯で溶いて4さじくらい。

スプーンで、舌にのせたときは、「うわ。なんだこれ?!」とヘンな顔してたけど、

ちょいと、味わうと甘いじゃん。のように、目がキラキラ舌をペロペロ

snap_2020gonta_200890214923.jpg
人生初の、新しい味との出会い。

ぽこ太郎には、うれしかったようです。

表情見てるの、面白かったぁ。かわいい。

まめ姫語録 

朝、着替えをする、パパにむかって、まめ姫のひとこと。

「パパー。どうしてパパには、おおっきなおにくがついてるの?」

大爆笑!



でも、のんきなくまも笑ってばかりいられません。

先日、まめ姫がワタシの上にごろりん。と甘えて乗ってきたときのひとこと。

「どうして、ママのおなかに手をおくと、
おくまで、はいっちゃうの?」


ガーン!!!

夫婦そろって、メタボかい?!

気をつけなくちゃね


しかし、こどもの発言はストレートだ。



今日の夕方の近所の公園からの帰り道。

夕日がオレンジで、まんまるでしたね。

「うわぁー。すごーい。おいしそぉー!」

っていってました。

snap_2020gonta_200896213947.jpg


何に見えたのかな???

ひとりごと 

毎日、あっという間に過ぎております。

金曜日の一日。

特に、お天気がよく、公園に連れていって遊ばせていると、本当に

「それだけで、一日終わってしまった・・・」  というか、

「今日の出来事。公園にでかけた、以上。」なのであります。

まめ姫は、お外で遊ぶのが、ダイスキにて、

お友達と一緒だと、そりゃ、楽しそうで、本当に何より。という感じです。


 
公園まで徒歩15分くらい。

11時から、遊びだし、シートを広げて持参したお弁当を食べ、退散したのは

14時30分。15時前にお家に到着。

埃と汗と砂だらけのまめ姫を慌てて、お風呂に入れて、そのあと、ぽこ太郎も続けて入浴。

それから、まめ姫が眠ってしまわないようにまたまた大慌てで、夕食準備。

合間に、ぽこ太郎が泣くので、おっぱいあげつつ、あやしたり、抱っこしたりしてごまかしつつ。

なんとかしのぐのです。

この日は台所に立っていると、まめ姫がやってきて、

「ちょっと、お魚のにおい、かいでみたい。」と。(今日は、秋刀魚の塩焼きにしたのです。)

いいよ。と、まめ姫の鼻先にさんまをもっていく。

くんくん。「あー。いいにおい。」だって。

本当かい?まだ、生だよ、生臭いじゃろう。

「ママ、一人だとごはんつくるの、大変だから、アタシが、
てつだってくれるね。」


そして、さんまの内臓処理をまめ姫と一緒に、包丁を握りながらやりました。

まめ姫は満足そう。

今度は、まめ姫用に包丁を準備しようかしら。


ごはんを食べ終えて、横になっていたら、いつのまにか、まめ姫は夢の中。

そして、今こうしてPCに向かえるわけです。

毎日、あっという間。そして、平和だ。

お仕事してる人たちからしたら、「暇で、いいよねぇ。」なんて思われるかしら。

確かに、仕事してるときのストレスと緊張感は相当あったわ。

産休入ったときの、仕事から解放された安堵感ったらなかったのを、思い出します。

でも、仕事辞めるのも、相当悩んで、続けたい!と思っていたのも正直なところ。


そんなときの、あるおばちゃんの一言。

「お金の稼ぎなおしはできるけど、こどもの育てなおしはきかないよ。」って。

うーん。そうかもね。

いろいろ悩んで、そのとき、そのとき最良だと思う選択をしてきたんだもの。

犠牲にしたことはあったとしても、こういう時間を一緒に過ごせること、シアワセに思います。

そりゃ、もう少し大きくなったら、「働くおかあさん」てのも、まめ姫にみせておきたい

気もしますが。


嫌でも、べったりいられるのは、あと、数年間。

こどもと一緒に、歩いていきたい。

そんな今日この頃。

おえかきダイスキ 

・・・最近のまめ姫の作品・・・



自分の手をかたどって、その中にお顔が!

けっこう、カワイイ!
DSC00208.jpg           DSC00209.jpg



これは、かたつむり  だそうです。うむうむ。確かにカラを持っている!
DSC00241.jpg



これは、イカ と たこ  だそうです。
紙をさいて、手動シュレッダーをかけて、足をつくり、お顔をかいてました。
カワイイぞ。
DSC00240.jpg

子供の絵ってダイスキ!
自由に書くよなぁ。
時々、えっ。そんなとこに目をかいてしまうの?
とか、うーーー!もどかしい。なんてときもあるけれど。

絵を描くことが好きな、のんきなくまの子供にしては、
カタチになってるような、絵をかくことは今まで、なかなか、なく。。。
 
最近は、ずいぶん、判別可能なものをかいてくれるので、楽しいです。
全部とっておきたいーー。と思っていても、なかなか。
なので、せめて写真にとって、残しておきたいな。と思います。

今後、まめ姫アートがアップされることが多くなるかもしれません。

珍客 第二弾 

夜、雨戸を閉めようと、窓を開けました。

西側にはゴーヤのカーテンがあります。

ふと、気づくと、緑の中に生き物の気配・・・

なにやつ・・・?


DSC00225.jpg
じゃじゃーん。

今度はかまきり
でした。

うーん。

自然がいっぱいー。ってことですかね。

田舎の住人・・・

まめ姫の口ぐせ 

お友達のMちゃんが、7月で4歳になり、それがうらやましい様子のまめ姫。

毎日、朝起きると、

「ねぇ、ワタシ、今日なんさい?4さいになった?」

と聞く。

1月生まれのまめ姫。あと4ヶ月は3歳が続くんですけど・・・。

「もうちょっと、寒くなって、お誕生日がきたらね。」というと、



夜、涼しくなると、

「寒くなったけど、4さいになった?」

「・・・まだ、なってませーん。」

この、やりとり、、4歳になるまでつづくんだろうなぁ。...

パパ、それって・・・。 

週末の夕方、急遽、花火をやることに。

まめ姫は、花火が大好き。急に声をかけたお友達も来てくれることになり、

「Mちゃんも、Mちゃんもくるの?やったぁ!わぁい。わぁい!」と、

両手を万歳して、飛び上がっている。

漫画にありそうな、喜び方をしているよ。


そうなると、もう、いてもたってもいられない。

まだ来ないってのに、外に出るときかない。

あわてて、パパに「虫よけのシューやって。玄関にあるからっ。」と叫ぶ。

パパさんは、「やってよぉ。」とブツブツいいながらも、シューって音がする。

やってるやってる。と思っていたら、

まめ姫の何か言う声が・・・

「パパ、それ、くつの、やちゅだよ。」

「えっ。なに?うわぁ。まじかよ。やっちった!」とパパさんの声・・・
snap_2020gonta_20089016529.jpg

そうです。パパさんが、一所懸命にまめ姫にシューしていたのは、

靴の消臭スプレー!!!だったんです。

そんなぁ・・・

幸い、すぐにふき取り、肌荒れすることなかったけれど。

パパさん、しっかりぃ。

まめ姫よ。気づくならもうちょっと早く言っとくれ。

な、出来事でした。


まめ姫は、グルメっ子? 

昨日の夕食。

メニューは、しょうが焼き、コールスローサラダマカロニ入り、アサリの味噌汁、バターコーン、五目豆。

珍しく、だんなさんが早く帰ってきたので、みんな一緒にごはんとなりました。


 日中、公園で遊んでいたまめ姫は、「おなかすいたぁ。」と食欲旺盛の様子。kao04

台所で、まだ片付けをしていたのんきなくま。

まめ姫はパパさんと、先に食べ始めました。

二人の会話が聞こえてきます。


「え、これに、いれるの?」

パパさん、せわを焼いてます。

「ママー、これ、おいしいよ。」との声が。

「そう、よかったねぇ。たくさん食べてね。」という。
アサリの味噌汁が大好きなまめ姫。そのことかなぁ・・・・。

そのうち、
「おいしーいいっ。こんなのはじめてー
というまめ姫の声が。
snap_2020gonta_200892181132.jpg


今度はなんだろう?今日のお肉がよかったのかな?
と思っていると、

だんなさんが、ゲラゲラ笑いながら、「何食ってると思う?」と。

「しょうが焼きじゃないの。」

「ううん。アサリいれた、ねこまんま。」
だって。

ガクッ

ねこまんまで、その賞賛かい。

ますます、ガクッ

たくさん、食べたからいいけどね。

ぽこ太郎 コテン! 

昨日の、夕方。

まめ姫は公園から帰り、めずらしくお昼寝。

14時から16時まで眠ったあと、お隣に住む叔母と夕方のお散歩におでかけ。


のんきなくまは、夕食の支度中

なぜか、激しく、泣くぽこ太郎。

なんだなんだ。どうしたんだ。と思っていると、

ぽこ太郎が、

コテン。と横向きにころがっていた!!!
つまり、寝返りってこと。?!

ぽこ太郎、3ヶ月と2日の出来事でした。

しかも、ぽこ太郎は、ビックリしたのか、動けなくなって辛かったのか泣いている。

それも、かなり、激しく!助けを求めるかのように・・・・


でも、のんきなくまは、

おおっつ。ほぼ寝返りしてるっ。とオドロキ、でも、これは、記念に写真におさめなくては!と

泣いてるぽこ太郎に、

「スゴイスゴイ!ちょっと待っててね。すぐ、写真とっちゃうからねっ。」と話しかけながら、

カメラを準備して、撮ったのでした。

すぐに助けなくて、ごめんよ。

写真アップしたいんだけれど、今PC修理中なので、戻ってきたら、公開しますね。

収穫 ゴーヤちゃん 

DSC00227.jpg

うちの窓からの西日を遮ってくれている、緑のカーテンのゴーヤちゃん。

こんなに大きくなりました。

そして、たくさんの実をつけ、食卓にのぼるように。

ゴーヤのてんぷら。ゴーヤのサラダ。そして、ゴーヤちゃんぷるー。

この間は3日連続昼に、ゴーヤちゃんぷるーを食べました。
DSC00233.jpgDSC00232.jpg

新聞にも、市役所でつくった緑のカーテンのゴーヤを社員食堂で提供したら、好評で、飛ぶように
売れていた。との記事が載っていました。

涼も、得られて、 実も食して、一石二鳥!とはこのこと。

うちでも、また来年も、植えようっと!

でも、来年までに、ゴーヤのレシピを増やさないとね

それって、うまいのか? 

最近のぽこ太郎・・・

動きが激しい。。。

まっすぐ寝かせていても、いつのまにか、3時、または逆回転で9時45分の方向へ。


DSC00239.jpg

昨日からは、うんうんうなって、ほとんど、半身浮いている状態に!

どうしよう。3ヶ月前に寝返りなんてしたら、目が離せないよう

男の子の方が動きが激しいっていうけど、こんなベビちゃんのときから違うのねぇ。と、オドロキ

そして、最近のはやりは、指しゃぶり。

おっぱいのみ終わって、すぐに指しゃぶってると、ひもじいのかい?

と思ってしまふ。

それはもう、一心不乱に。なんか、美味しい肉にでもかぶりついているかのように!
しゃぶっております。
snap_2020gonta_200896224012.jpg


夢中なので、時に、オイオイ!大丈夫かい?!と心配になるほど。

あるときは、親指。また、あるときは右と左の親指を同時に。またあるときは、4本いれてました。

それって、うまいのか?


あ、今日、あやしているときに、きゃきゃきゃきゃきゃ と声を上げて笑ってました。

だんだん人間らしくなってきましたねぇ。

カワイイ

まめ姫のひとこと 

昨日の夜、PCがこわれてしまい、修理にだすことに・・・悲しい。
イラストは古いPCで書いたけれど、イマイチ、見にくいですがおゆるしを。

  

さて、今日の夕方、まめ姫の、少し伸びてきた髪を切りにでかけました。

だんなさんの、従兄弟が床屋さんをやっているので、

肩まであった髪を夏にバッサリショートヘアにしてもらってから、

お世話になって3回目です。



お店に向かう、クルマの中。

夕方、道が混み始めていました。お義母さんが、運転していたのですが、一言。
「もぉ、混んでるなー。やんなっちゃう!」ともらすと、

助手席に座っていたまめ姫。おもむろに、お義母さんの顔を眺め、

「あーちゃん、(お義母さんのこと)
そんなこといっても、しかたないでしょう。


と、子供をさとすように言ってました。おかしーい
snap_2020gonta_200895235718.jpg
 
 また、今日の午後には、クーピーでお絵かきしていたまめ姫。

ママに何か隠そうとしている。

「どうしたの?何かあるの?」ときくと、

「ちょっとぉ。見ないで!」(どうやら、折ってしまったらしい。)

「なんで?」とワタシ。

「あたしねぇ、ちょっと、ママのこと、苦手なんだよねぇ。」

だって。

そうかい、そうかい、苦手なんかい。なんか、笑った出来事でした。

crocs 

また、やってしまいました。

うちのFAMILYは、クロックスが好きらしい。。。

昨年、初めて購入してから、1人に2足づつ。。。
まめ姫は5足目。(まあ、ちびは足が大きくなるからワンシーズン限りだけれど。)
だんなさんも、今夏前に追加購入して、まだ写真に写っていないものもアリ
DSC00207.jpg

なのに、「秋になったら、冬バージョン欲しいねぇ。」なんて話しから、
クロックスのサイトを久々にのぞいてみたのです。

そして、またネットショッピングしてしまいました。

DSC00228.jpg
 のんきなくまのは、「トロイカ」

だんなさんは、靴バージョンを購入。

DSC00229.jpg

そもそも、夫婦そろって、靴は好きなようで、クラークスやら、ビルケンシュトックの靴にはまり、
ついつい買ってしまい、どんどん増えてゆく。
まめ姫が生まれる前にはブーツとか履いてた時もあったけれど、子連れだと、脱ぎ履きが簡単な
ものでないと、子供を追っかけられない!ゆえにお蔵入りですわ。

だんなさんに至っては、お前の脚はムカデかいっていうくらい。(笑)
靴に目がない。
まだ、おろしていない靴も数知れず。
しかも、同じ靴のカラー違いとか、買ってしまうんですねぇ。彼は。もはや、購入というか収集です。

クロックスの気に入っているとこ
はいてて、楽。ディズニーランドへ行くと、足がさほど疲れないのがわかります。
水濡れOK
軽い
着脱しやすい
カラーバリエーションが多い

イマイチなとこ
雨の日、滑りやすい。
エスカーの巻き込み事故も危険(大人はともかく、チビは心配)
底のミゾがどんどんすりへって、なくなっていく・・・・
型によって、サイズ選びが難しい
ネットショッピングでは返品・交換不可


まあ、価格が安いので消耗品と思って、買い替えるしかないですけどね。
もう少ししたら。まめ姫の秋用が届く予定。

またまた、楽しみ

でも、まめ姫のを頼むとき、またまただんなさんが、
「俺ももう一足色違い買おうかなぁ?」って。

さすがに、厳しくとめました。




美味しい!とうもろこし 

北海道のおばあちゃんから、送ってもらったとうもろこし。
実がぎっしり。重厚感があります。
おいしそう!!!



DSC00224.jpg
あ、とうもろこしって漢字で書くと。「玉蜀黍」って書くんですよ、普段書けないけど。
漢字検定やったときの読み問題でよくあったなぁ、
と思い出しました。

それはさておき、みなさん、トウモロコシって、お湯でゆでてます?水からゆでてます?
私は今まで、ずっと、沸騰したお湯でゆでてたんですけど。
今年、NHK教育の「味楽クルミミカ」ていう料理アニメをみてたら(まめ姫がみてるので)
とうもろこしは、水からいれてゆでるとビミーといってたんです。

で、ネット検索してみて、レシピを組み合わせて試してみました。
1 とうもろこしは皮をむく時、1枚だけ残す。ひげを少し残しておく。

2 お鍋とうもろこしがかぶるぐらいの水を入れる。塩は水1リットルに大さじ2
  浮いてしまう場合、小皿でおさえる。強火にかけ、沸騰後5分くらいゆでる。

3 ゆであがったら、別に用意した塩水(水1ℓ・塩大さじ2)にとうもろこしをさっとつける。
  荒熱をとるくらい
(こうすると、しわしわにならないんです。)

*皮とひげを残すのははじめての試み。
 皮はうまみを封じ込める。
 ひげは、黄色に染める。意味合い。
でも、以前、トウモロコシの実は雌しべが変化したものってテレビでやってました。
そういえば、サフランとかも、めしべですもんね。色が出て染まるっていうのも納得!

できあがりは、こんな感じ。
DSC00238.jpg

ちょっと、写真ではわかりにくいですけど、確かに黄色く色づいてました。
次回はもう少し、ひげを多めに残してゆでて見ようと思います。

シャッキリ!あまーい!ぷくぷくコーンができました。
おいしかったです。

ごちそうさまでした。

なんでも、ちょっとしたコツっていうのがあるんですねぇ。
同じ食材でも、どうせ食べるなら美味しく食べたいですもの。
なんでも学習だわ。と思いました。


美味! 富士屋ホテルでの、ドキドキランチ! 

行ってきました。

箱根 富士屋ホテル 別館 菊華荘(旧御用邸)
(といっても、宿泊ではなく、お昼のお食事だけですが。)

DSC00213.jpg
以前、テレビのグルメ番組でここのランチを紹介していて、行きたいなぁ。と思っていたのです。
小涌園の帰り、帰り道だし、行ってみよう。ということになりました。

 
しかし、やっぱり。というか、創業130年の歴史あるホテル。ちょいと、敷居が高いわ。

うちは、3歳7か月のやんちゃ盛りのまめ姫。
加えていつ泣き出すかもしれぬ赤子のぽこ太郎連れの家族。
危険だ。ある意味チャレンジャー

通された畳敷きの広間にテーブルがセットされている。和洋折衷。レトロモダン
周囲は品のよろしい年配の方々が多く、優雅にお食事中

ちょっと、緊張。大丈夫かな。周りに迷惑にならないかしら?

まめ姫は箸置きを、タンタンしたり、お箸で遊んだり、その都度注意する。
けど、迷惑になるほどでなく、おさまっているのでホットする。

ちょっといつもと違う雰囲気は多少なりとも感じているみたい。

注文は
溶岩焼き ステーキ御膳!!!
これよ。これ。

DSC00212.jpg
熱した溶岩プレートの上にお野菜(おもにキャベツとモヤシ)がのっていて、その上にステーキが!
写真は、肉が焼けすぎる?とあわてて肉を裏返してから、写真をとったのでちょっと崩れているけれど、実際はもっとキレイに!美味しそうに出てきました。
つけあわせのじゃがいもやにんじんも菊の形に細工されておりました。

お肉は・・・やわらかーいい!脂があまーい!美味しーい!
ポン酢とわさび醤油が用意されており、どちらも美味でした。
なんていうか、中トロみたいな食感

これに、赤だしのお味噌汁。
デザートには、昭和初期のようなレトロな足つきのグラスにはいった小豆アイス
(シャーベットのような食感。)このアイスがまた、甘すぎず、おいしかった

それに、行きとどいたサービス!に感激。
お席の準備ができるまで、待合で過ごし、ぽこ太郎がベビーカーで寝ていたら、
車輪を丁寧に拭いてくれ、お部屋に通してくれた。
(そこはもちろん、靴を脱いであがるお部屋だったのだけれど)

人数分、注文しようとしたら、量が多いので3人前で十分だと思うと、提案してくれる。
そして、まめ姫用にご飯を出してくれるとな。

ご飯を運んでくれた際、まめ姫のお茶碗のごはんは、すぐ口にできるように冷ましてあったみたい。
それに、(ホテルの雰囲気にはそぐわないけれど、)アンパンマンのふりかけまでいただきました。

そして、注文していないけれど、オレンジジュースもサービスしてくれました。これはオドロキ!

さすが!老舗ホテル!脱帽です。

 
まめ姫は、午前中から、小涌園でハイテンションで遊び倒していたため、睡魔と闘いながらも
食事をしました。最後は、おとなしくお絵かきして、過ごしてました。
ぽこ太郎は、スタッフの用意してくれたクーハンの中で、おとなしく過ごしておりました。


 今回ちび連れで、ちょっとかしこまったレストランでお食事をすることは、ちょっとした冒険
でもありました。

でも、思うのです。

もちろん、大人の楽しみのためもありますが、こういうきちんとした場所でお食事することも
いい経験になるのではないかと。
いつもは、その辺のファミレスでもいいけれど。たまにはこういう機会をもつのも大切かな。と。

もちろん、我慢のきかない、じっと座っていることさえままならない年齢では無理ですが・・・
言い聞かせてわかる年齢になったら、そういう場につれていって我慢することとか、
お行儀よくすることとか、慣れさせていけたらなぁ。と思います。
まあ、大人もハラハラして、十二分に食事を楽しめるとまではいきませんけどね。

大人になったときに、気後れしないでスマートにお食事できたら、ステキだなぁ
と思うのです。


帰ってから、家族で話をしました。

「まあ、お勉強。経験だから、いいんじゃないかしらね。」と。

「でも、もうちょっと、眠気がなかったら、お行儀よくできたんじゃない?」とのんきなくまが言うと、

だんなさんと、お義母さんは
「えー。眠かったから、まあ、あれくらい大人しかったんじゃない?!元気だったら、もっと、
騒がしかったかもよ?!」と。


そっかぁ。・・・・・・???うーん。そうかも・・・しれないわねぇ。

ワタシの、読み違えかい?!



まめ姫、淑女への道は、はるか遠い・・・・








箱根 小涌園の旅 

8月最終日、 箱根 小涌園 ユネッサンに1泊で行ってきました。
ユネッサンといえば、お風呂のテーマパーク。
前回、サマーランドに行った時には、プールですぐに体が冷えて唇真っ青になってしまうまめ姫に、
温水プールメインなところが適当ではないか、出かけることにしたのです。
ぽこ太郎は、まだ2か月児。プールやお風呂には入れない。
でも、お義母さんが、「ぽこが心配だから、子守リで、一緒に行くわよ。しかたないわねっ」
と、来てくれることに!さんきゅー

10時半に到着後まず、ホテルでチェックインの手続きを済ませ、そして、荷物も預けます。
そして、ICレコーダー入りのリストバンドを人数分渡されました。
このリストバンドはロッカーのカギ代わりにもなるし、ユネッサン内のレストランや売店での支払いもピピッツとかざすだけで、最後に清算(宿泊客はチェックアウト時)できるので、便利です。

私たちの宿泊するホテルはユネッサンインというファミリータイプのもので、館内とユネッサンとが通路でつながっており、いちいち外に出なくても行き来できるので、これまた子連れにはよかったです。

さて、指定されたロッカーで水着に着替え、貴重品を預けたら、いよいよ出発です。

ロッカー前には館内着(襟付きパーカー)とタオルが山積みされており、濡れたらそのつど交換して
いいのです。タオルも使い放題というのもウレシイ。

屋外にはキッズ用の滝の流れる浅いプールがあったり、噴水がリズミカルに噴き出してきたり
別の屋外プールでは、滑り台もあり、まめ姫は大喜び!

浮き輪も100cm以内ならどこでも使用可なので足入れのボート型浮き輪にせっせと乗り込み、
プールを泳ぎ回っておりました。(翌日は平日で、すいてたので、ワイン風呂で浮き輪で浮いていた。)
お湯もあったかーい!

ちびが小さいと、一緒に泳ぐというより、遊ばせるのを危険のないように見守っている!
意味合が多く、
普通のプールだと、大人も冷え切ってしまうけれど。
ここは、そういうストレスはなかったですねぇ。あったか。
プールなのに、なんか、みんな風呂のように、のほほんとつかっている。

写真は室内のキッズゾーン
DSC00214.jpg                                                 

こちらは、エーゲ海をイメージしたプール
ジャグジーや、泡が出てました。
DSC00215.jpg 
時間が来ると、上方から、シャボン玉や雷にみたてた光と音、そして雷雨ってことでしょうか、
放水がはじまり、(しかしこの水は冷たい!)ちびっこたちはよろこんでました。

このゾーンには他にも
薔薇風呂(イベントでバラの切り花投入)
浮遊風呂(死海の2.5倍の浮力)
ドクターフィッシュの風呂(魚が角質を食べるので、足をいれると寄ってきてつつきまわされる。とてもくすぐったい
期間限定カンフーパンダ風呂などがありました。


屋外のお風呂はこんな感じ
DSC00220.jpg
山の傾斜にいろいろな風呂が設置されていて、階段を上りながら入ってゆく感じです。
写真にあるコーヒー風呂や、ワイン風呂、緑茶風呂、酒風呂、炭風呂
などなど、ありました。時々、本物のコーヒーやワインが投入される時間イベントがあります。
でも、だいたい、入浴剤の色と香りでしたねぇ。そりゃ、小プールくらいのお風呂をすべてほんもののワインで満たしていたら、あっという間に大赤字でしょうからね。
DSC00217.jpg

大人的には、まあ、話のタネに一度入れば十分、なものでしたが、まめ姫にとっては色つきお風呂が
楽しく、「トマトの色だぁ。」「こっちはきゅうりの色」紫のお湯は「なすみたいだねぇ」
と色水遊びみたいでした。
まめ姫はプールを十分堪能したみたい。

そして、お食事前に今度は、森の湯という温泉ゾーンへ。(こちらは、裸ゾーン)
スーパー銭湯みたいに、いろいろなお風呂がありました。
夕方、まだ明るかったけれど、露天風呂なんか、きっと暗くなってからのほうが雰囲気があって、
よかったんだろうな。
それでも、箱根の温泉は気持ちよかったです。

夕食はバイキング
種類は多いけれど、味はまあフツウ。でした。(安いプランだからそれでも十分ですが
でも子供が好きそうな食べ物はたくさん用意してありました。
まめ姫のお気に入りは
「チョコレート ファウンテン」 その名の通り、チョコレートが噴水のように噴き出していて、
というか、筒を循環している。(写真とればよかった。失敗!)
それに竹串にミニシューや、マシュマロ、くだものなどをからめて食べるのです。
チョコフォンデュみたいな感じ。
まめ姫、そうそう食べもしないのに、「パパの分」「ママの分」「あーちゃん(義母)の分」と
次々つくってくる。もういいって!

お部屋は和洋室のベッドと畳がついた部屋。
布団敷きはセルフだけど、十分十分。

翌日11時のチェックアウト後もユネッサン利用できるプランだったので、午前中2時間くらい遊んで、
お風呂に入って体を温めてから、帰途につきました。

1泊2食、 ユネッサン2日利用付きのお得なプラン
ファミリー向けには、十分満足できるものでした。

きっと、ぽこ太郎がはいれるようになったら、もう一度リピするかも。
お得なプランを、見つけられたらね