FC2ブログ

まめ姫と餃子つくり 

夕食の支度中、何か物足りない様子のまめ姫。
台所にやってきて
「まめが、なにか、お手伝いしてあげるっ。なにする?」

「ええっ。おてつだい?!」
思わず、ううっぅと返答に困るのんきぃ。
お手伝い。。。いろいろなことを経験させたいのはヤマヤマ。
しかし、まめ姫がからむと、30分でできるはずのところが、2倍・いや3倍は時間を要す・・・
はて、どうしようか。
ふと見ると、だんなさんは、ソファーで居眠り。そんなにお腹がすいてもいなさそう。
てことは、遅めの夕食でもよい イコール  食事の時間が遅くなっても可
よーし。じゃぁ、遊びの延長でやってもらいましょ。


というわけで、餃子をつくりました。
野菜を刻むのは、、のんきぃと一緒に手を添えて。ザクザク。
(時間かかるので、これはちょっとだけ。)
ひき肉はこねこねしやすいように今回はビニール袋に入れて、まめ姫に託す。
楽しいようで、思わず創作した歌が即興で出てくる。
「♪おにくをー。こねこねー。やさいをまぜまぜー。ぎゅっぎゅぎゅー。♪」

そして、いよいよ、できたタネを皮で包みます。
はじめは、入れるタネが少なく、貧相なギョウザ。自立不可能。
自尊心を尊重尊重!と手直ししたい衝動!をグッとこらえて、皿に並べました。

ここは、今後につなげるためにも、よく頑張っていると、おほめの言葉をかけねば。
「すごーいい!まめ、上手ぅ!うまく包めたね!」とちょいとオーバーリアクション。
すると、気をよくしたまめ姫。
「それじゃぁ。これぜーんぶやるからねっ。つつんであげるっ。」
「ええっ。全部?」
見ると、残った皮とボールの中のタネのバランスはどう見ても崩れている・・・
このままだと、貧相ギョウザが幅をきかせ、タネのみが余ってしまう!
と危機感を覚えたのんきぃ。
「半分はママもやりたいから、やらせて!」と懇願。そして、許可を得ました。

ノッテきたまめ姫は、
こうやって、皮をおきましてぇ、
それからおにくをこうやって、いれましてぇ。
で、お水でちょいちょいちょい。て、のりをつけてぇ。
こうやって、あわせてー。はい!できたっつ♪

と一枚ずつ解説しながらやっていました。
snap_2020gonta_2009120853.jpg
そして、まめ姫の皮包みは、本人の達成感を得て無事終了!
案の定、タネが余ったので、のんきぃ、慌てて皮をつくり、残りを包み終えた。
(餃子の皮って強力粉?塩と水でいいのかなぁ。まあいいか、と適当に作る)

そして、できあがった、餃子はちょいと不格好ながらも、おいしくできました。
みんなに、包むの上手ーと言われ、ご満悦のまめ姫「また、ぎょうざ、つくりたい!」と言ってたので、しめしめ。

料理好きになるといいなぁ。と思いながら、まめ姫の皿に餃子乗せて食べるように促すと、
「いらない。だって、ギョウザ、きらいだから、食べられないもん!」ですと。

あんなに嬉々としてやっていたのに、食べないんですか。がっかり。
はぁ。子供っていつからギョウザとか食べるのかしら。
うちの子だけ食べないのかしら・・・?

のんきぃお手製皮はちょいと分厚くなってしまったけど、モチモチしておいしいじゃん!
と思ったのに、ダンナ氏は
「うーん、なんか、ほうとうみたいな歯ごたえだなぁ。」といまいち感を漂わせておりました。

そうかぁ。おいしいと思ったんだけど。それにも負けず、また次回、皮つくっちゃうぞぉ。
まめ、また一緒にやろうね。




ブログランキングに参加しています。
「ココ クリックしてくれたら。ウレシイです。⇒ 
ポチッとお願いします。励みになりますうぅ
スポンサーサイト



コメント

あらら。
せっかく楽しく餃子作ったのに
食べられなかったんですね。
残念(>д<)
私ものんきぃさんのように
子供としっかりかかわりながら、
褒めてのばせる母になりたいです☆
途中でササっと皮を作ってしまうなんて
スバラシイ(*゜▽゜ノノ゛☆パチパチ

豆姫頑張ったな!

子供って本当にちょっとした言葉で自身がついたり、凹んだり…。可愛いよね(^^)
家も前にきのこと作ったらやっぱり折ってはり付けるだけのシンプル餃子…。こりゃあ困った!と思いながら焼いたら、私が今回は上手く包めた!と思った餃子何かイマイチ。。。
きのこのペタンコなシンプル餃子の方が柔らかジューシーで美味しかったのを覚えてるよ☆
女の子、これからが全てにおいて楽しみだよね(^^)
負けらんないね~!お互い頑張ろう…

うちも、昨日餃子でしたよ♪
手がニンニクのにおいになってます・・・
子どもと一緒に作るって、確かにたいへんだけど、
ちゃんとやらせてあげることを心掛けてらっしゃるんですね☆
皮を手作りですか!!ちゃちゃっとできるように私もなりたい・・・

皮作るとモチモチしていておいしいよね~!!
のんきぃさん。偉い!
子どもと作る料理は時間かかって大変だけど、
大事な時間だよね~。。。
特に女の子には。。。
ウチの娘達は海老フライ担当です。
まめ姫ちゃんは幸せね。お料理上手間違いなし!

ポチ完了

子供の自尊心を守りつつ・・・。←これとっても難しい~。ついつい、口と手がでてしまうのよねぇ~。
時間かかるし、手間かかるし、早くして~って。
のんきぃさん、やるねぇ~♪
衝動をおさえ最後にお褒めの言葉!完璧!
褒めるのもなかなか難しいね!
どんなことでも褒めてあげられる器の大きい母ちゃんになりたい~!

はじめまして!
うちと同じ一姫二太郎ですね!
すごく参考になります。

ウチの娘もお手伝い大好きで
相手するのに毎日あの手この手です。
餃子作りも楽しそうですね。
料理番組のまねですかね?
ウチも解説付きですよ。

ちなみに4歳児ですが、ぎょうざ大好きで
すごいよく食べます!

*香織さんへ*
そうなんですよ。餃子食べなかったんです。
好き嫌いが多い、まめ姫。
頭でまず口にするか否かを決めてるみたい。
それもあって、少しでも、食べられる物の幅が広がるように、
自分で作れば興味もわくかな?という思いでやっています。
毎日のことだし、いいコミュニケーションの機会ではあると思います。
香織さんもそうくんが大きくなったら、ぜひ!


*きのこママさんへ*
確かに、褒めてあげると、あの嬉しそうな得意げな顔がカワイイですよね。
誰でも、褒められると嬉しいですもの。
些細なことでも、みつけて褒めてゆきたいですね。
しかし・・・余裕がなくなるとできていないところばかりが目についてしまう、
いかんいかん!です。
(戒め)ハハハ。

*ひまちょさんへ*
そうです。自分でやらせることを一応!心がけてはいます。(一応ですが、念頭においています。)
以前テレビで、幼稚園児に工作をさせるのに、大人用ののこぎりや、トンカチ、釘を実際に使わせていました。
‘なまじっか、子供用だと、子供自身が甘くみて却ってけがをする。本物だと、注意を払わないとけがにつながるので、子供は真剣に取り組むのです。‘みたいなことを園長先生が言っていたのです。
てわけで、幼稚園児で刃物を使えるんだから、たいていのことはできるよねぇ。きっと。と。
やはり、自分の体を使って実際経験してみるってことが、子供にとっては何より学ぶ機会になるのではないかしらん。と思っています。
うまくできないながらも、何かしら感じて工夫できるように、つながるといいなぁ。
(期待ですが(*^_^*))


*みさよさんへ*
のんきぃ自身、皮をつくったのは初でした。
でも、実家の母・そしてばあちゃんが、わりと皮からギョウザ派だったので、
なんとなく覚えてるんですねぇ。
もちもち加減がきっと、水餃子にもよいですね。
フライの衣つけ、まめも大好きです。
「寒いから、お洋服着せてあげるねー」って
言ってやってます(笑)
確かに楽しい時間ですね。


*oriseiさんへ*
確かに!手を出さず、見守るってのは難しいですよね。
ウゥー。と唸って、手がマンガみたいに
グーパーグーパーしてるときありますもの。
でも、忙しい時、自分に余裕がない時はほんのちょこっとお手伝い
(じゃがいもを洗ってもらうとか)くらいで勘弁してもらっています。
やはり、雨の日の日中、一番いいクッキングタイムですね。
ワタシも、些細なことでも、褒めてあげられるおおらかな人になりたいです!!!
しかし、ついつい、「もう!早くやろうよ!」って言ってる自分が・・・反省っす。


*moonさんへ*
コメントありがとうございます。
とっかかりとして、まぜまぜ・コネコネ系はいいですよねっ。
この解説は、のんきぃが説明したのをまめが解釈するとこうなるらしい。フフフ。
チビの解説、聞いてるとカワイイです。
得意げだから。微笑ましいです。
moonさんのところは4歳でギョウザ食べるんですね。
うちも早くなんでも食べてくれるといいなぁ。
今から、遊びに行きますね。
よろしくお願いしまーす。



ちょいと、
  • [2009/01/13 23:22]
  • URL |
  • のんきぃ より、お返事デス。
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

皮手作りなんてすごい!
そんな発想すら浮かばないよ私・・・。

前回の記事も読ませて頂いて、
うちも全く一緒で、授乳しながら下寝かしてて
背中向けて寝てるから寄ってくるんだけど
けられるし、狭いしでついイラっとしちゃうんですよー。

ほんとは寂しいんだろうなと思うんだけど
なんせ、声あげて泣いたりするから
寝かせるのも一苦労・・・。良い方法ないかな。

*りんさんへ*
2人寝かしつけって大変ですよね。
うちは、上がもうすぐ4歳だから、我慢もまずまずきくけれど。
ナオさんはまだまだ甘えたい盛りですもんね。
他の方のコメントでもあったように手をつなぐとか。時間差で寝かしつけるとか。
ミオちゃんが静かで泣いたりしなければ、ナオちゃんを先に寝かしつけて。とか、、、
難しいかなぁ。
あとは、ダンナさんに寝かしつけてもらうとか。
本当に、大変だけど、寝ながら授乳して、空いた手で背中トントン。
一人でできるが、手がつりそう。そして、変な体制だから結構ツライ。
でも、まぁ、カワイイお子のためなのでやってます。
何かいい方法みつかるといいですね(T_T)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2020gonta.blog60.fc2.com/tb.php/161-9c4a0cb0