FC2ブログ

続き②・・・姫が生まれるまで。 

朝方になって、かなりのスピードで痛み増強!

双方の親には、真夜中に連絡してもなんだし、明るくなってから。とダンナに連絡をお願い。
(当時は、離れたとこに住んでいたので、1時間近くはかかった。)

いつぐらいに生まれるのかなー。といっても、部屋に備え付けの資料では、
子宮口が開くのに、1時間1cm。だとすると、14時とか?きてもらうのは12時すぎじゃない?と。
テキトウな、予測をたて、ダンナ氏に告げる。
そして自分で先長いなー!ってゲンナリしたりして。


朝ごはんも痛みでとても口にできず、痛みはますますヒートアップ。

さすってくれるダンナ氏の手も、痛みが和らぐ助けにならず。
今まで、痛みが遠のけば。OK!サイン出してたけど。それどこじゃなく、
もう「サワラナイデ・・・!」って感じ。

もう、話すこともできない。

こんなのが、いつまで続くんだー。どうにかなっちゃうぞ。と思いながら、
ひたすら陣痛に耐える。


ちょうどダンナ氏が席をはずしてた時に、もう、どうにもならない痛みで、
助産師さんが内診し、分娩室に移動する。10時になるかならないか・・・だと思う。

そして、ダンナ氏が戻ってきた!ナースの「立会いは?」の問いに首を横にブンブンふっていた!
ま、いいけどね。

分娩室には、車椅子で連れていかれたが、助産師さんに
「あれ、のびちゃってるよ。」といわれ、カチン!ときた!

「次、(陣痛が)遠のいたら、動けます!!」とムキになって言っちゃった。

でも、なんで、段があって高くなってんだよー!!2段か3段あったのねん。

思ったけれど、気合をいれて、分娩台におさまった。(振り返ると、意外と負けず嫌い?)

ここからが長いんだよね?きっと。学校のビデオでも見たし、よくある出産シーンだと、
「イキんでー。」ううううーふぅ。とか、何回もやってるじゃん。

「どのくらい、なんですかねー?1時間とか?」とイキム合間にたずねてみるが、

「まだまだ、これからよー!」と、つれない返事。


その痛みったら、「ハナからスイカ」とかよく例えられますが、

ワタシの場合、>「熱い、焼けたボーリングの玉が、骨をミシミシ踏み潰しながらゆっくり、押し進んでいる」
そんな感覚。

途中、心拍数が下がって、スタッフがバタバタして。大丈夫かよっつ。って。

早く産んで、出してあげなくちゃ!赤ちゃんががんばってる!って。

思いっきり最後にいきんだら、出てきたんですねー。


臍の緒、2回転してたらしいですが。。。

「だいじょうぶ?うまれた?よかったー。」と涙が流れました。

はじめて、抱いたわが子にかけた言葉は、「よく、がんばったね。やっと、会えたね。」
だったと思います。

それから、赤ちゃんはくるまれて、ダンナ氏の元へ。
でも、いまだ、到着してない双方の親。
結局ダンナ氏一人で対面・抱っこしたのでした。
「はじめまして。これから、よろしくね。」
って挨拶したんだって。

きけば、先に分娩台に入ってた人より、アトに入った私のが先に出産したのって。
ナースが連れてきたから、先の家族の方かと思ったら、自分で、ビックリしたって。

それから、1時間後にやってきた、私の母は、ベッドサイドで横になってる私に
「まだ、産まれないの?」とヒトコト!

「もう、産みましたから!もう、新生児室にいるから!みてきてよぉ!」
「しかも、ここ回復室だし。入口の看板見た?産んでなかったら、
こんなおとなしく、横になってられるわけないじゃん!」


「ええっつ。もう、産まれてたの?」って、、、、のんきな母なのでした。

そして、さらにそのアト到着の義母は、
出産直後の「おめでとうございまーす。女のお子さんですよ」みたいなことをしたかったのに!!!
とえらく、残念がってまして(いまだに、間に合わなかった!もっと早く呼んでてくれれば!と悔しがって言ってるし。笑)
ああ、ヨミを誤って、申し訳なかったなぁ。と。

でも、こればっかりは、わかんないもんね。

自分では、出産って相当大変だと思った経験でしたが、前期破水したのが、夜中12時。
生まれたのは10時30分前にて、えらく、順調なお産で、早かったのねー。と言われました。

この世のものとは思えない痛みを経験して、ことさら、我が子を手にする喜び倍増!

あながち、院長のいう、陣痛は母親になるのに、必要な経験というのも、うなづけるのかな。と
思った次第です。
覚悟をもつっていうかね。

がんばったごほうびは、おいしいお食事(産院のお食事って本当に美味しい!豪華!)♪
国産うなぎに、豪華ステーキ♪
本当に、おいしかったなー♪
ああ、お食事だけ、食べにゆきたいーーー♪

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

そして、今、姫はスクスク成長し、5歳になりました。


長々、出産までのお話にお付き合いいただいた方、ありがとうございました。
当時のこと、思い出して、ワタシ自身、面白かったです。

ペコリ。


スポンサーサイト



コメント

しっかり読ませていただきました。
陣痛って尋常じゃないですよね。
私はお腹に怒りまくったハリネズミ
がギュウギュウ詰めになっている
ような感じでした。
もうすぐ、また・・と思うと
やや憂鬱になったり・・・。
でも、赤ちゃんに会えるのは
とっても楽しみで♪
とにかく、まめ姫ちゃんお誕生日
おめでとう!
これからもまめ姫ちゃん&ぽこ太郎
くんの成長記録楽しみにしています。


香織さんへ♪

お腹に怒りまくったハリネズミ
がギュウギュウ詰めになっている
>
これは、なかなか、詩的な表現ですねー。
陣痛の壮絶な痛みにもかかわらず、この言い方、かわいい!
と、一人ハマってました、うふ♪失礼


そうなんですよねぇ。少し、忘れかけてるとはいえ、一度経験してるだけに
その恐怖がありますよね。ワタシもそうでした。
でも、いざ、陣痛が始まれば、もう、夢中で。ほんと、ひとふんばり!
これを超えなくちゃ、かわいいベビちゃんに会えない!
と思えば、がんばれます。

香織さんも、気合で乗り切ってくださいね。応援してます!!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2020gonta.blog60.fc2.com/tb.php/469-46f75c5e