FC2ブログ

ばぁちゃんに・・・ 

しばらく、PC開ける気がしなくて、放置してました。
訪問・コメントいただいてた皆様、ごめんなさい。
そして、アリガトウございます。

先週、北海道に住むばぁちゃんが亡くなりました。

このばあちゃんのことを書かずには、なんだかブログも再開できない気がして。

そして、なかなか、そういう気持にならなくて・・・


以下、つらつらと長文です。

興味ない方はスルーしてくだされ。

コメント欄は閉じさせていただきました。
ばあちゃんは、健康オタクで。

食生活に、気を配り、筋力が衰えないように運動を欠かさずやってるスーパーばあちゃん。

広大な家庭菜園では、とうもろこしや、じゃがいも。とまと。などなど・・・数え切れないほどの

一般的な野菜からさくらんぼや、プルーンといった果物、

さらに、お花を愛して、色とりどりの花の世話を欠かさずして、1年中花が絶えないお家でした。

オシャレも大好きで、年に合わないほど、オシャレに気を配って、着物も洋服も年齢に見えないほど。

ワタシの結婚式で上京してくれたときは、オシャレな若いばあちゃんに、みんな驚いていたっけ。


病気知らずで、ずっと過ごしていたのに。

3年前くらいに、脳梗塞や、骨折してから、身体が思うようにならなくて、余計辛かったよね。


自宅で過ごしていたんだけれど、最期は心不全を起こして、あっという間に逝ってしまって。


北海道に住むばあちゃん、89歳は大往生といってもいいんだろうけど。

ワタシとしたら、まだ5年くらいは生きている気がしてた。

まだまだもう少し、長生きしていてほしかったなぁ。

遠くてなかなか会う機会もなくて、最後に会ったのは、まめ姫が1歳半の夏。

ぽこ太郎が生まれて、写真を送ったり、手紙を書いて近況を知らせたりしていたけれど。

会わせたい、と思いつつ、ぽこを連れて飛行機に乗る勇気がなかったのよ。


ワタシが小学生の頃は、夏休みの1ヶ月を一人で行って過ごしたこともあったっけ。

空港に出迎えに来てくれると、「よっく来たねぇ。つかれたっしょ。」って。
いっつも、重い荷物を持ってくれて。

一緒にソフトクリーム食べたよなぁ。とか。

畑の野菜を料理してくれたよなぁ。とか。

いつもいつも、ワタシには、すごく、優しくあったかくて、おおらかなばあちゃんだったなぁ。

北海道っていう大地に似合うばあちゃんだったなぁ。

思い出すと涙が出てしまう。


今月に電話かかってきたときに、もう少し、お話してあげたらよかった。とか。

こっちからも電話をかけて話し相手になってあげたらよかった。とか。

もう少し、もう少し。と言ってないで、ぽこを連れて会いに行けばよかった。とか。

ちょっと後悔が大きくて。


でも、人って、みんないつかは死んでゆくもの。誰もその運命から逃れられない。

生きてるってことは、死に向かって歩いてるものなんだけれど。

まだ、若かったり、身体が動くうちは、そういう実感ないんだよね。

それでも、近しい人と別れると、急にそういうことがリアルになってきて。

なんでも、できることはできるうちにしないといけないな。

生きてるって、今をムダにはできないな。って思うのでした。


離れて暮らしていた分、まだ実感わかないというのが本当のところ。

それでも、徐々に納得してゆくようになるのかな。


ばあちゃんが、ワタシのばあちゃんでよかった。

ばあちゃんがいたから、ワタシがいるんだよね。

心からありがとう。です。
スポンサーサイト



トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2020gonta.blog60.fc2.com/tb.php/540-1d948885