FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

まず、東北地方太平洋沖地震により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

そして、被災された皆様、そのご家族の方々に、心よりお見舞い申し上げます。

一瞬にして、大切なものを奪われた心の傷は、想像以上のものだと思います。

それでも、どうか、どうか、心が折れませんように。。。




この地震発生時、私もいままで体験したことのないほどの長い大きな揺れを感じました。

はじめて恐怖を抱くほどの揺れでした。震度5強だったのです。

ちょうど、まめ姫を幼稚園に迎えに車に乗り込むところでしたが、

電柱はユッサユサ、庭木も見たことないほど揺れ、車も弾んでいる!!

ぽこを抱え、どこが安全?と右往左往でした。


幼稚園に電話をするも、固定電話も携帯もあっという間につながらず。

早く迎えに行かなくては。と焦るものの余震が何度もあり、やっと車で出発するも、

途中は信号も停止し。車中で、また大きな揺れも感じました。

幼稚園に到着すると、先生たちの落ちついた対応で、まめ姫は怖がることもなく

けろりとしていたので、安心しました。


でも、帰宅後ニュースでは、「これは現実?」「本当に日本なの?」という惨状がひろがっていました。

特に、宮城県は私にとっても思い出がある場所で。

小学校4年の夏休み、大學の教育者が主催する宿泊合宿に参加し、
松島で過ごした思い出があるのです。


穏やかな海で遊んだり、あの松島の島々をぼんやり眺めたり、
スケッチもしたっけ。
のんびりしたローカル線で石巻や、塩釜まで行ったり、
夜にハゼ釣りをしたり。。。松島水族館にも行ったよなぁ。


そんな面影もなく、全てがガレキに埋まる惨状を見て、胸が痛みました。

特に、その合宿先は、海から10Mほどしか離れていなかったのです。
いったいどうなってしまったんだろう・・・

ほんとうに、いっしゅんにして、すべてが、ながされ、なくなってしまった・・・


どんなに、怖かっただろう。どんなに切ないだろう。そういう気持ちを感じられないほどの
喪失感・・・

今、私のできることは、本当に少なくて。

節電したり、募金したり、被災された人の応援や、一日も早い復興を祈ることしかできないけど。

自分でできることは何かを考え、やっていきたいと思います。



被災地が、日本が回復するのには、
今こそ、「ALL JAPAN」の精神で!!!






スポンサーサイト

コメント

ごきげんよう ^^


阪神淡路の地震を経験した私ですが
それを上回る被害に私も驚き怖かったです。

神戸も皆さんの協力のおかげで
今のようなすばらしい町に復興できたと思います。
1日もはやく東北も復興できることを願います。

のんきぃさんも、姫ちゃまも ぽこちゃまも
無事でよかったです。

byともみ丼

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2020gonta.blog60.fc2.com/tb.php/629-447c3216

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。